徳島県阿南市を満喫!地元民が教える隠れた見どころをお届け|おすすめスポット・ホテル・レストラン

徳島県阿南市を満喫!おすすめホテルや遊び・地元グルメを紹介

※この記事には広告が含まれている場合があります。

みなさん突然ですが徳島県阿南市という町をご存知でしょうか?

徳島県といえば、2022年に実業家でYouTuberでもある青汁王子が一人旅で訪れた場所

青汁王子が訪れたのは、徳島最大の祭り阿波おどりや鳴門の大塚美術館で徳島県でもかなり有名な観光スポットに行っていました。

今回この記事でみなさんに紹介したいのは、徳島県南部に位置する阿南市!

徳島県の中で人口が2番目に多い市町村でもありますが有名ではないところ。

悲しいことに阿南市は徳島県の観光エリアとしては選ばれにくい……というか選ばれない場所なんです。

でも実は『山・海・川』の全てが揃っている自然に囲まれた町で野菜や魚介が豊富にとれる魅力的な場所

この記事では、徳島県阿南市だってそれなりいいところもあるんだよ!ってことを1人にでも多くのことを知ってほしいので以下について紹介します。

  • 都会の人もびっくり!ここが阿南市なんじょ
  • 阿南市で予約するべきおすすめのホテル5選
  • 阿南市内のおすすめ体験ツアーと見どころ5選
  • 阿南市で食べられる地元グルメ5選
Lily

生まれも育ちも徳島県民であるLilyが愛情たっぷり込めて徳島県南部にある阿南市の魅力を紹介していきます♪

徳島県阿南市はこんな人におすすめ。

  • 田舎が好き
  • 自然に囲まれてのんびりしたい
  • 何もないところで新しい発見をするのが好き
  • 四国を周っている人の通過点エリア

以下の記事では、徳島への行き方やレンタカーのことなど紹介しています。

目次

都会の人もびっくり!ここが阿南市なんじょ

徳島県阿南市といえば……。

基本何も思いつかないのが当たり前。

出張で県外から来ている人とお話しすると『阿南市って何にもないんだねぇ』とよく言われたりします。

確かに東京スカイツリーやUSJなど有名なものはありませんが、『海・山・川』があり食べ物が美味しいし安いんですよね。

残念ながら阿南市の魅力は当たり前のように身の回りに存在しているので分かりにくいっていうことなんです。

ここでは阿南市の魅力とちょっと面白いことを7つ紹介しますね。

  • 高級食材の鱧が安く食べられる
  • 肉厚しいたけが有名
  • 海・川はほぼ貸切
  • 地元産の野菜が安く手に入る
  • 汽車の駅がほとんど無人
  • ICカードで汽車には乗れない
  • ホームセンターや薬局がやたら多い

高級食材の鱧が安く食べられる

徳島県は日本全国でも鱧の漁獲量が多い地域のひとつとして知られています。

阿南市でとれる鱧は水質が良いところで育ち、身が締まって美味しい鱧がとれるので関西などに高級食材として出荷されています。

その高級食材が安価な価格で食べられるのが阿南市の魅力

鱧の湯引きや鱧の天ぷら・阿南丼こと鱧丼がお手頃な価格で食べられますよ。

Lily

鱧料理もおすすめですがスーパーなどで売られている『鱧の皮ちくわ』は絶対に食べてほしい。なかなかみることは少ないですが。。。見た目は少し気持ち悪いけど、すだちをかけて日本酒と食べるのが最高です^^

肉厚しいたけが食べられる

徳島県阿南産として有名なのが阿南市で作られているブランドしいたけ侍

ただのしいたけでなく『肉厚でジューシーなしいたけ』。

しいたけ侍のしいたけは、インターネットでも購入できるようになっています。

焼いてポン酢と鰹節をかけ食べるだけでも最高に美味しいんですよ。

徳島に来たらぜひ一度肉厚でジューシーなしいたけを食べてみてください♪

Lily

フジテレビ『VS魂』でしいたけ侍カレーが紹介されたり、他にも複数のメディアで紹介されていますよ♪

海・川はほぼ貸切

思いつきで海や川に行くと大体誰もいないのでほぼ貸切状態。

ドライブや日光浴、リラックスしたい時はいつでも車を走らせ自然を感じに行くことができるのが魅力的なんです。

そして大体人がいない・もしくはいても1人2人なので、とっても静かに過ごせることが出来ちゃいます。

Lily

の〜んびり過ごすことがいつでも出来るので、普段のストレス社会から離れたい方には最適の場所と時間を過ごせます!(経験済み)

私は川に行ったら石の上に寝転がって、太陽で温まった石を目の上に置いて天然アイマスクをして仮眠したりしていました。『しかも誰も居なかった』

誰もいない自分だけの自然の世界をぜひ感じてほしいです!

地元産の野菜が安く手に入る

阿南市には国道55号線のバイパスが通っていて、そのバイパス沿いには公方の郷道の駅が那賀川町にあります。

公方の郷道の駅には、地元の人たちが育てた野菜や漁で採れた魚などを販売していいるので安く買えます。

他にも地元のパン屋さんのパン、おまんじゅうやお惣菜など品揃えが豊富!

観光客から地元の人まで集まる施設にもなっています♪

汽車の駅がほとんど無人

徳島県全体に言えることですが汽車の駅がほとんど無人

改札口がある駅しか使ったことがない人からすると、とてもびっくりされますが徳島県では無人駅が普通。

徳島駅や阿南駅など少し大きい駅には駅員さんがいますが、いない方が多いです。

毎年汽車を利用する人がいなくなっていってしまっているという傾向にあるので、とある屋根付き駅が潰されてバス停みたいになっていました。

これは地元民の私でもびっくりしました。笑

ICカードで汽車には乗れない

徳島県では交通系ICカードは一切使えません。

香川県のごく一部を除いたら四国では使えないのが現状。

なので、徳島県で汽車に乗る場合は切符を駅で買うしかありません。

が、駅も無人なので切符は買えないし買い方もわからない方がほとんどだと。

なので、汽車に乗ったらたまに歩いてくる車掌さんに声をかけて汽車の中で切符を購入してください。

そして汽車から降りたら車掌さんへ切符を渡します。

※汽車に乗ったら入り口で整理券をとること!もし整理券をとっていなければ始発からの運賃をとられる場合があります。

Lily

超アナログなやり方しているのが徳島県なんです。車掌さんはひとりひとりの切符をチェックしているので混み合う時間帯は大変だと思います。

ホームセンターや薬局がやたら多い

阿南市の中心にはやたらホームセンターや薬局が多い。

ひとつの薬局から200m〜300mくらい離れてまた違う店舗の薬局があるというまるでコンビニ並み。

高齢化が進みすぎて必要なお店が薬局やホームセンターになっているんですね。

でもホテルの近くにはコンビニや薬局があるので、いざ何かあるとすぐに対処できるのでありがたいともいえます。笑

阿南市でおすすめのホテル5選

阿南市でおすすめのホテル5選
photo by Lily

阿南市で泊まるのであれば阿南駅周辺がおすすめ。

なぜおすすめかというと以下の施設が近所にあるからです。

  • コンビニ
  • フジグラン(スーパーやダイソーがある)
  • コメダ珈琲やココイチカレー
  • 居酒屋や薬局など多数あり

旅行や出張の際はハプニングがつきものだし、飲み物やつまみをささっと買えるようなところに宿泊するのが1番です。

ちなみに以下のホテルがおすすめであり阿南駅から徒歩で行けるようになっています。

  • ルートイン阿南(大浴場あり)
    • 阿南駅から徒歩9分。
    • 近くにはセブンイレブンやスーパーあり。
    • 中華料理屋さんもあって便利なエリア。
  • スーパーホテル阿南・市役所前(天然温泉あり)
    • 阿南駅から徒歩9分。
    • 目の前は阿南警察署。
    • 飲み屋街まで徒歩で行ける。
    • おいしいパン屋が目の前にあり。
  • ホテルサンオーシャン(大浴場あり)
    • 阿南駅から徒歩8分。
    • 和食レストランやナポリの窯が併設。
    • ファミマが近くにある。
  • 阿南ステーションホテル
    • 阿南駅の目の前。
    • カフェが併設されている。
    • ローソンが近くにある。
    • 昔からある地元民人気の焼き鳥屋がすぐそこ。
    • ミニキッチン・ジムなどがあり長期滞在者向けのホテル。
  • ゲストハウス ダルマ
    • 阿南駅から徒歩8分。
    • 阿南駅近くにようやくできたゲストハウスで清潔感があって過ごしやすい。

ルートインとスーパーホテル

この2つには実際に泊まってみました。

清潔感があって設備も申し分ないので疲れた体を最大限に癒せることが出来ました。

ベットは寝心地がよく、お風呂も最高に気持ちよかったので複数回利用しました。

朝食も無料で豊富に選べるので、快適に過ごしたい方にはおすすめです♪

ゲストハウス ダルマ

2022年に阿南市にできたゲストハウス。

新しいということもあり施設は清潔なので快適に過ごせます。

ハラール対応ということなのでイスラム教の方でも泊まれる宿になっていますよ。

ただ最寄りのコンビニまでは徒歩約10分はかかります。

阿南市内のおすすめ体験ツアーと見どころ5選

では早速阿南市内のおすすめスポットや見どころを紹介していきますね。

  • SUP体験ができる
  • ブルーベリーつみとり体験
  • ダッキー川下り
  • 津峯山・津峯神社
  • 四国最東端の離島伊島

SUP体験ができる

徳島県阿南市ではSUP体験ができるアクティビティが用意されています。

阿南市は海に面しているのでマリンスポーツや釣りも楽しめます。

サップ体験は事前予約が必要になっています。

家族やお友達・カップルと誰でも楽しめるアクティビティになっているので、サップに興味があればぜひ阿南に広がる太平洋でサップを楽しんでください♪

Lily

サップ初心者でもインストラクターが十分に説明してくれるので安心して体験で来ますよ♪

ブルーベリーつみとり体験

夏休みの時期である7月〜8月になると農園でのブルーベリーつみとり体験ができます。

夏のイベントのみとなってしまいますが、夏休み期間中であれば子供たちと楽しめること間違いなし。

徳島県内では自然な広い土地が広がっているので、他にもいろんなつみとり体験ができますよ。

  • 野菜
  • 名物のすだち
  • しいたけ
  • ぶどう

などの体験も出来るので、ぜひ時期に合わせて田舎でのいろんな収穫体験をしてみてください♪

ダッキー川下り

徳島県阿南市の中で1番長い川をボートで川下りするという体験ツアー。

徳島県にはたくさんの川が流れていて、徳島県南部を代表する川が一級河川『那賀川』です。

徳島県内では1番長い川であり、最も良質な水質とも言われていて2006年に清流四国にも選ばれました。

その美しい那賀川で川下り体験ができるようになっています。

Lily

初心者コースで親子で楽しめるツアーもあるので、山と緑に囲まれた綺麗な川で川下りするのも楽しいですよ♪

津峯山・津峯神社

津峯山は阿波三峯のひとつに入っていて標高284メートル。

山頂には津峯神社があり、延命長寿、病気平癒、海上安全の神様として信仰されています。

特に4月の桜まつりにはたくさんの人が訪れ、餅投げや捧餅競技などで賑わいます。

山頂からは阿南市にある橘湾や阿南市内を一望することが出来ますよ。

車やリフトを使っていくことができるのでアクセスも簡単。

Lily

地元の人はここで初詣をしたりお宮参りなどで訪れたりしています。

四国最東端の離島伊島

人口が約200人ほどの島でありその大きさは周囲9.5km。

島の固有種であるイシマササユリが咲いたり、荒磯スポットが多いので磯釣りでグレ・チヌなど釣れることが出来ます。

伊島には民宿が1件あるので、小さな有人島に興味がある方は1泊してみるのもいいかもしれませんね^^

ちなみに阿南市から伊島への連絡線は1日3本出ています。

※季節によって最終便の時間が違います。

答島(阿南)・伊島(離島)答島→伊島伊島→答島
11月〜1月① 8:30
②12:30
③16:15
① 7:00
②10:00
③14:45
2月・10月① 8:30
②12:30
③16:45
① 7:00
②10:00
③15:15
3月〜9月① 8:30
②12:30
③17:15
① 7:00
②10:00
③16:00

連絡船の片道の価格はこちらです。

大人1,030円
小人520円

チケットは船内に乗り込んでから購入するようになります。

Lily

釣り好きにはたまらないスポットとなっているので、釣りをされる方はぜひ行ってみてください♪

阿南市で食べられる地元グルメ5選

阿南市で食べられる地元グルメ5選
photo by Lily

では早速地元グルメ阿南市に来たら食べられるものを独自目線で紹介します。

  • 一口まんじゅう・松の下
  • 美味しいアップルパイ&季節パイ
  • 濃厚な阿波ラーメン・一徹
  • 地元の海鮮が食べられる・おさかなひぐち
  • 芸人出川もきたハンバーグ屋・ウトウーク

ひとつずつ紹介していきます。

ちなみに今回は居酒屋を入れていません。

どこの居酒屋に行っても地元のものは食べられるので記載していませんが以下のもがあれば絶対に食べてほしいです。

  • 筍の天ぷら
  • フィッシュカツ(小松島産)
  • 阿波牛のたたき
  • お刺身(地元のもの)
  • 鱧料理

一口まんじゅう・松の下

大正8年から創業している老舗店

ここの一口まんじゅうはほんのり甘くてしっとりとした軽い味わいのまんじゅうです。

ひぃおじいちゃん世代からずっと語り継がれているお店であり、地元の人もこの味が大好きで今でも通い続けるお店です。

私も幼い頃は祖母とよく来ていて、子供ながらに10個全部1人で食べていました。

大人になってもたまに買いますし、忘れられない美味しい味。

阿南市に来たら1度は食べてほしい一口まんじゅうです!

Lily

売り切れるのが早くてお店が閉まることもあるので午前中に行くのがおすすめです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次