【海外トイレ事情】最強に汚いトイレはここ!旅好き女子絶対みて

【海外トイレ事情】最強に汚いトイレはここ!旅好き女子絶対みて

※この記事には広告が含まれている場合があります。

海外旅行へ行く人なら『海外のトイレは汚い!』っていうのを1度は聞いたことがあると思います。

実際にトイレ事情で困らない日本で育った私たちなら、なおさら海外のトイレは結構キツイものがあります。

しかし『海外のトイレってどんなふうに汚いんだろう?』って、ちょっと気になりませんか?

海外の汚いトイレで想像できるとしたら、

  • 汚れも臭いもひどい
  • トイレもペーパーも有料
  • 便座なしトイレ

などが、あります。

しかし、過去に何カ国も旅してきた私がそれをも上回る『最強に汚かったトイレ』を皆さんに紹介していきます。

そして、海外旅行に行くなら持って行きたい”必需品”も紹介。

全ての国が汚い訳ではないですが、今後トイレ事情があまり良くない国へ行かれる方はぜひご覧ください♪

Lily

トイレ事情は結構大事なので、トイレが汚そうな国に行く人は必需品の準備をしておきましょう!

目次

海外旅行で1番ヤバかったトイレ5つ

海外旅行で1番ヤバかったトイレ5つ

では、早速ここでは私が今までに経験した最強に汚いトイレを紹介して行きます。

ここで紹介するトイレより酷いトイレはあまりないのでは?と思うくらい最強な場所です。

逆にここで紹介するトイレを知っておけば他のトイレがマシに思えるかも知れません。笑

汚い表現を含む場合があります。苦手な方はサラッと飛ばしてください。

エチオピア北部

アフリカ大陸の北東部にある国で、ソマリアやケニアなどに囲まれた国。

ここのトイレが、旅をしてきた中で最強に1番困ったトイレがありました。

それがこちら↓。

海外旅行で1番ヤバかったトイレ5つ
photo by Lily

このトイレ、みなさんならどのように用を足しますか?

ちなみに石段の高さは結構高めです。

『え?そんなに汚くないやん?』って思ったかたもいるかもしれません。

しかし、このトイレは設計ミスと言っていいほど用を足すのに難しく、ほんとに汚くなるように作られたトイレなんです。

  • 穴がすごく小さいのでピンポイントに狙えない
    • 周辺が汚れていく
  • 座ってする時は右側を向いて座る必要がある
    • 周辺が汚れていく
  • 水なし・ペーパー・ゴミ箱なし
    • 周辺がいろんなもので汚れていく

私は運良く朝に行ったのでまだ綺麗な状態ではあったのですが、時間が経つとしっかり他の人のもので汚れていました。

しかも、その辺に落ちているゴミで拭いたりしているひともいたようで汚いものがその辺に散乱。

トイレの建物自体はトタンで作られ、扉はワラで出来ていました。

もちろんトイレをしている時は空と地面がみえるし鍵はないので、いつ誰がくるかヒヤヒヤした時間でした。笑

Lily

ここでトイレをしたときは、東南アジアのトイレなんてしっかりトイレの機能果たしてるやん!ってほんとおもいました。笑

エチオピアのゲストハウス

これはエチオピアのメケレという小さな街に泊まったときの体験です。

1日600円ほどで泊まれるゲストハウスに泊まったのですが、ここのトイレが最強に酷すぎたんですね。

その酷すぎたトイレというのが、

水洗トイレなのに水が出なくて一生流れないトイレ

一生流れないということは、1日中いろんなものが溜まっていくんです。。。

次の日の朝なんて廊下まで臭いはするし『これ、臭いし座られへんやん。。。』ってくらい溜まってたんです。。。

多分ですが、宿泊客10人ぐらいでシェアする感じのトイレだったので溜まった量と悪臭がヤバかった。

そのせいで吐き気もだいぶヤバかったんです。

しかも、シャワーと洗面台はトイレと同じ部屋にあるので利用するなら我慢しないといけないんです。

Lily

この日は流石に悪臭に耐え切れなかったのでシャワーと洗顔全て諦めました。

エチオピアの長距離バス

またまたエチオピアになるですが、最強に恥ずかしいトイレ体験でした。

エチオピア旅行の時に、9時間ぐらいの長距離バスに乗ったのですがバスにはトイレがありませんでした。

では一体どうするのか?

道端で途中停車して各々トイレをしに行くんです。

トイレをする場所は、道路を挟んで右が女で左は男。

はい、外でトイレをするのですが微妙に草木はあるものの同じ女性でも目が合うほどの距離で用を足すという。

詳細は避けますが、”あれ絶対洋服の裾ついてるやんな”って感じです。

もちろん手も洗わないので色々と汚いということでした。

Lily

汚いというのもあるのですが、恥ずかしさが1番強かったトイレでした。

南インドの長距離移動

”インドのトイレは汚い”と誰かにきいたりネットでみたことがある人もいるかとおもいます。

エチオピアほどではないですが、それでも汚かったのでリストに入れさせていただきました。

これまた10時間ほどの長距離バスに乗ってたときの休憩所のトイレ。

きちんと鍵付き便器ありのトイレなのですが、臭くて足元が汚いんです。

トイレットペーパーはないし、底が見えるタイプのボットントイレ。

しかも足元にある濁った水がウォシュレット代わりになるんでしょうが『いやいや衛生上汚いやん!』と。

トイレにある濁った水は、なんとなく気分的にもみたくないですよね。笑

ペーパーもなければゴミ箱もないので、日本人女性にとってはかなりキツイものがあるかと感じました。

Lily

アフリカよりマシでしたが、それでも汚いトイレは慣れません!

多国籍が集まる場所のトイレ

これは地域や国など関係なく、多国籍者が集まる場所の共同トイレが汚いというお話。

いろんな人が集まると、最強に汚い便座に出くわすことが多々ありました。

どのように汚いかというと、男性が便座を上げてトイレをしない!

ということは、便座が男性の尿で汚れまくっているんです。

これは、普通に怒りしかなかったですね。

よく目にしてたのが、飛行機の中。(特に北米地域)

普通に汚いし、アルコールで拭いても絶対座りたくないですよね。

ほんとにあり得なくて、どんな躾されてるん!?って感じでした。笑

Lily

やはり、男女別のトイレは絶対必要!機内にもほしい限りです。ただ日本でも何回かみかけたことはあります。悲

海外のトイレで必要なもの

海外のトイレで必要なもの

私が海外旅行へ行く時に、必ず用意するもの&役にたったものを紹介します。

特に途上国へ行く方は、確実に持って行ったほうがいいでしょう。

それはこの4つ。

  • トイレットペーパー
  • ウェットティッシュ
  • アルコールジェル
  • 黒の袋

トイレットペーパー

これは絶対あったほうがいいです。

理由としては、

  • トイレットペーパーがない
  • 有料トイレでもらえる紙が固いし1枚

トイレットペーパーを使って拭くのが当たり前であるとは限りません。

トイレットペーパーは高級品であり、水だけで洗い流すところもあります。

そして有料トイレでもらえる紙は、ボールペンで字が書けるほど固いときもあり小さい。

海外旅行ではお腹を壊しやすいので、もらったペーパーだけでは不十分!

なので、トイレットペーパーが必要だということです。

Lily

私は、トイレットペーパー持参をしていろんな国のトイレで助かりました。笑

アルコールジェル

トイレットペーパー持参したらアルコールジェルは必須!

なぜなら便座が汚いときあるから。

ただ、拭いただけで綺麗になるとはいえません。

なので、アルコールジェルで拭いてからさらに便座の上にペーパーを置くということをしていました。

あとは、便座がないトイレで用を足すのに不慣れな人は最悪拭いて座ればいいわけです。

どんなトイレでも対応できるように準備しておくことが必要ですね!

Lily

ちなみに、便座がないトイレの場合は中腰の体勢ですると教わったので、もし便座なしのトイレにあたったらチャレンジしてみてください。

ウェットティッシュ

トイレットペーパーもアルコールジェルも持っていかない場合は必須。

便座を綺麗に拭いたり、手を洗う場所がないときもあるのでそう言った場合に役立ちます。

他にもレストランやフードコートのテーブルが汚い時とかにも役立つので海外旅行の際は持っていくことをおすすめします。

トイレ用の流せるウェットティッシュがあれば、なおさら便利かも知れませんね!

Lily

とにかく日本には便利なグッズがたくさんあるので、使えるものは持っていきましょう!

黒のゴミ袋

インドやアフリカなどの国は、ペーパーを使って拭いたりしないのでゴミ箱がそもそも設置されていなかったりします。

そんな時、どうしてもトイレに流せないゴミが出た場合は黒のゴミ袋が役に立ちます。

日本の昔のトイレである ”ぼっとん便所”と言われるようなトイレであれば下に落としてしまえばいいのです。

しかし、水洗トイレではそうはいきませんよね。

もし、途上国の海外旅行で必要になりそうだなって思った時は持っていくことをおすすめします。

Lily

私の場合は、アフリカとインド旅行の時にかなり役に立ちました!

おまけ:トイレが綺麗な国

トイレが綺麗な国

世界の汚いトイレを紹介してきましたが、私が1番綺麗と思った国のトイレはドバイです。

日本でもなくドバイです。

ショッピングモールはもちろん、駅のトイレやイベントで設置された仮設トイレなどどこに行ってもトイレが綺麗んです。

だいたいトイレにはトイレ掃除の方がいるので水回りや便器周りは綺麗にされています。

ゴミも落ちていません。

手洗い場のペーパーやハンドソープの設備も日本並み。

日本は汚いところもあれば臭いトイレがあるのも事実だし、ハンドソープやティッシュが補充されていないなどありますよね。

ドバイに1年以上いますが、未だかつてトイレに困ったことはありません。

Lily

むしろドバイのトイレは綺麗だけでなく、豪華すぎるトイレもあるのでトイレだけで非日常を味わえちゃいます。笑

さいごに

ここでは、私が実際に海外旅行へ行って感じた最強に汚い海外のトイレ事情を紹介してきました。

他にも、タイやベトナムなど東南アジアなども汚いなぁ〜と印象を受けたトイレは他にもあります。

ただ、全ての国のトイレが汚い訳ではありません。

でも『汚いトイレは嫌だ!』って思う方はいるとおもうので、必需品を準備した上で海外旅行へいくことをおすすめします!

Lily

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次