【南インド旅行②】おすすめ観光地&グルメ移動方法紹介|カルナタカ州

【南インド旅行②】カルナタカ州おすすめ観光地&実際に行ったグルメスポット紹介

※この記事には広告が含まれている場合があります。

みなさんこんにちわ、旅好きLilyです。

今回、予定になかった南インドに急遽旅行へ行ってきました。

インド旅行と聞くと、きっとほとんどの人が『デリー』『タージマハル』『ムンバイ』を連想させると思います。

が、今回私はあまり日本人が行くことが少ない南インドのマンガロールに行ってきました。

行くきっかけとなったのは、ドバイで出会った友達がインドに帰ってしまったためインドに遊びに行くことにしたんです。

そこで、日本語でネットやYoutubeで調べてもマンガルールの情報があまりが出てこない。。。

ということなので、私が知る限りのマンガルールについてブログを書いて行きます。

ここでは、実際に行った観光地やレストランを紹介していきます♪

  • 南インド*カルナタカ州の観光スポット
  • 実際に行ったおすすめグルメスポット
  • おまけのお酒
  • 南インドでの移動方法
  • 夜行バス

↓こちらの記事もおすすめです♪

目次

南インド*カルナタカ州の観光スポット6選

では、私が実際に行ったカルナタカ州の観光スポットを紹介していきます。

  • クリシュナ寺(Udupi)
  • Malp Beach (Udupi)
  • Aadi Durgaparameshwari Temple (Kateel)
  • Kudroli Shri Gokarnanatha Swami Temple (Kudroli)
  • ピリクラ・バイオロジカル・パーク
  • Art of Living (Bengaluru)

クリシュナ寺(Udupi)

インド人にも人気がある神様、クリシュナがいるお寺。

クリシュナ寺(Udupi)
Photo by Lily

Udupi(ウドゥピ)という街はマンガロール市内から車で約1時間北に行ったところにあります。

そこのお寺には、ヒンドゥー教の神話にも出てくる有名な神様・クリシュナがいる場所。

クリシュナは神様の中でも人気があり、ここのお寺にはインド遠方の人から観光客までくる人気の神様。

なぜ人気なのかってことなのですが難しい話は嫌いなので、友達の話をサクッとまとめてみました。

むかーしむかし、カースト制度で身分の低かったものはお寺にも行けないというルールがあり、身分の高いものだけがお寺に入ることを許されていた。同じヒンドゥー教なのに身分が低いということで神に会えることすら許されず、お寺の敷居もまたげなかった。ある日、カースト制度で身分の低い男性がお寺の外からお祈りをするようになりました。直接神に祈りを捧げるとこはできなかったのでお寺の外から祈るようになったそう。すると、クリシュナ神が、『その者たちも神に向かって祈りができるように』とお寺の正面に向いていた神様がお寺の外側に向かって座り始めた。身分の低いものは神様の顔もれなかったのにクリシュナ神のその行動の慈悲深さに感動してヒンドゥー教の者たちの人気者になったそうです。その行動は今でも人々から愛されているそうです。

というお話。

信じるか信じないかはあなた次第です。

お寺の周りには小さな出店があったりするので、ちょっとしたお土産も購入することもできます。

私は、友達にこのお花を買ってもらって髪の毛につけてもらいました。

お寺のお祈り時にもくれるお花で匂いもいい香りでした。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次