【ドバイ発】アゼルバイジャン旅行|安い航空券はどれ?航空会社の価格徹底比較

アゼルバイジャン行き航空券比較

※この記事には広告が含まれている場合があります。

みなさんアゼルバイジャンという国をご存知でしょうか?

世界一の親日国と言われていて日本人だけビザが無料という日本人なら行くしかないと思う国。

最近までアゼルバイジャンのことを何1つ知らなかった私ですが、今回急遽アゼルバイジャン旅行をすることに。

そこでアゼルバイジャンへ行くにあたり少しでも安い航空券を探してみました。

航空券を探すのが好きな私にとっては楽しい作業だったので、その結果をみなさんに共有したいと思います。

ドバイからアゼルバイジャンへ行く人』や『ドバイ経由してアゼルバイジャンへ行く人』に少しでも役に立てる内容になっているので最後まで読んでみてください♪

この記事でわかること
  • ドバイから飛んでいる3つの航空会社
  • どこの航空会社が安いのか
  • 安さには落とし穴がある

2023年5月現在に基づく価格や便数の情報になっています。

目次

ドバイ空港から飛んでいる航空会社

ドバイ空港からアゼルバイジャンの首都BAKU(バクー)へ直行便で行くには以下の航空会社が利用できます。(2023年 現在)

  • エミレーツ航空
  • フライドバイ航空
  • アゼルバイジャン航空

直行便は飛行時間2時間55分と短時間。

北海道から沖縄でも3時間45分とかかるので割と短距離で行けるようになっています。

ドバイ空港からアゼルバイジャンの首都バクー空港へいくらで行けるのか価格やプランを比較してみました。

比較した日程→ 5月29日(月) 〜 6月3日(土) と 5月30日(火) 〜 6月4日(日)

上記の3つの航空会社の価格など詳しく説明して行きますね。

快適さNo.1のエミレーツ航空

エミレーツ航空は世界のハブ空港を中心に多様なネットワークを持っているので世界中で利用することができます。

世界的にも有名な航空会社でもありますよね。

『ドバイといえばエミレーツ航空』の飛行機はアゼルバイジャン首都バクーにも飛んでいました。

Flexプランの場合

スクロールできます
日程5月29日(月) 〜 6月3日(土)
5月30日(火) 〜 6月4日(日)
飛行時間行き 8:10 or 11:00
帰り11:55 or 14:50
往復価格(2人分)AED 3,710 (142,102円)
チケットに含まれているもの食事付き
30kgまでの受託手荷物
座席選択可

1日2便運行しています。

日付を変更しても価格は変わりませんでした。

動いている時間帯も旅行しやすい時間なので悩まずにチケット選びができますね。

ちなみに『Flex Puls』のプランだと金額は上がりますが

  • 変更手数料無料
  • 払い戻し手数料無料

がチケット代に含まれます。

Lily

エミレーツ航空のwebサイトで検索しましたが、搭乗する飛行機はフライドバイになっていました。

低価格で飛べるフライドバイ( FlyDubai)

2008年に設立されたアラブ首長国連邦の航空会社です。

フライドバイは中東地域やその周辺諸国への短距離および中距離路線を提供しています。

中東に住んでいる方なら行き先によってはフライドバイを利用するとお得ですね♪

スクロールできます
日程5月29日(月) 〜 6月3日(土)5月30日(火) 〜 6月4日(日)
飛行時間行き 8:10 or 11:00
帰り11:55 or 14:50
行き 8:10 or 11:00
帰り11:55 or 14:50
おおよその往復価格(2人分)
※時間帯によって多少異なります
Lite: AED 2,630 (100,735円)
Value:AED 3,042 (116,516円)
Flex: AED 3,430 (131,378円)
Lite: AED 2,630 (100,735円)
Value:AED2,810(107,630円)
Flex: AED 3,430 (131,378円)
スクロールできます
チケットに含まれているもの
Liteプラン
7kg(機内持ち込み)
チケットに含まれているもの
Valueプラン
7kg(機内持ち込み)
  20kg受託手荷物
食事付き
チケットに含まれているもの
Flexプラン
7kg(機内持ち込み)
  20kg受託手荷物
食事付き
座席選択可
チケット変更可

エミレーツ航空ではなく直接フライドバイのwebサイトから予約することで安く航空券が購入できます。

時間帯や日付によって約9,000円の差が出るようになっていました。

1番安いプランのLiteプランは手荷物7kgのみなので、荷物が少ない方はLiteプランで十分です。

食事はついていませんが追加AED35で機内食をつけることができます。

Lily

実はエミレーツ航空から予約すると自動的にフライドバイのFlexプラン選択になります。直接フライドバイから予約するとLiteプランが選べるので航空券代がさらに抑えられますよ。

政府が保有するアゼルバイジャン航空

アゼルバイジャン航空はアゼルバイジャンの国営航空会社です。

ヨーロッパ・アジア・中東など幅広い地域への便を提供しています。

バクーを起点に主要都市や観光地への直行便を提供しているため旅行者にとって便利な航空会社になります。

スクロールできます
日程5月29日(月) 〜 6月3日(土)5月30日(火) 〜 6月4日(日)
飛行時間行き 13:10
帰り 9:00
行き 13:10
帰り 9:00
おおよその往復価格(2人分)
※時間帯によって多少異なります
Lite: $690 (97,051円)
classic: $734 (103,240円)
Plus: $906 (127,433円)
Lite: $762 (107,179円)
classic: $794 (111,680円)
Plus: $966 (123,872円)
スクロールできます
チケットに含まれているもの
Liteプラン
10kg(機内持ち込み)
チケットに含まれているもの
economy classicプラン
10kg(機内持ち込み)
  23kg受託手荷物
食事付き
返金75%
キャンセル料60ユーロ
チケットに含まれているもの
economy plusプラン
10kg(機内持ち込み)
  32kg受託手荷物
食事付き
返金35ユーロ
キャンセル無料

アゼルバイジャン航空は1日1便運行していました。

こちらも日にちを変えるだけで約1万円の差

ただアゼルバジャンwebサイトの料金支払いはドル決済となっています。

別の通貨で支払う場合に多少の為替手数料が入るので表示価格よりかは多少高くなります。

Lily

アゼルバイジャン航空のありがたいところは機内持ち込み10kgっていうこと。これを考えるとアゼルバイジャン航空もいいなぁと思いましたね。

アゼルバイジャン行きの安い航空会社の結果

結果1番安く行ける航空会社はアゼルバイジャン航空であることがわかりました。

月曜日出発のLiteプランが10万を切っています。

為替手数料を入れたとしても高くなりません。

曜日や時間帯によって金額が変わるのはアゼルバイジャン航空とフライドバイのみ。

でも出発が1日違うだけで1万円の差ってすごいお得ですよね。

ちなみにアゼルバイジャン航空のLiteプランもスーツケースを預けられません。

荷物多めでスーツケースを持っていく方はひとつ上の『エコノミークラシック』プランを選択しましょう。

2人で旅行する場合

スーツケースひとつあれば十分な方はこの方法がおすすめ

  • 2人のチケットはLiteプランで予約
  • 追加でオプションでスーツケース1個追加する

そんなに荷物が多くないのであれば2人でスーツケースを1つにしたらプランをアップグレードするより安くなります。

荷物無しならアブダビ発のWizz airがお得

ハンガリーのLCCウィズエアーがアブダビからアゼルバイジャンの首都バクーに飛んでいました。

価格は最安で約AED1,396(53,470円)/2人。

『最安〜!!』と思いながらあまり確認せず予約取ろうかなと思ったほどの価格。

しかし最安の意味はハンドバッグ程度の荷物だけ機内に持ち込めるというオチでした。

通勤用サイズのバックパックを持ち込もうとするのであれば金額は他の航空会社と変わりません。

結構細かくルールが記載されていたのでWizz Airを利用される場合、購入前の疑問は明確にした方がいいです。

Lily

さすがにハンドバックひとつで旅行には行けないのでウィズエアーは選択肢に入りませんでした!笑

まとめ

ドバイから近場の国『アゼルバイジャン』へどの航空会社が安いのか比較してみました。

  • ドバイからアゼルバイジャンまでは1日2便運行している
  • 1番安いのはドバイ発のアゼルバイジャン航空(AED払いがいいならフライドバイ)
  • 手荷物のみであればLiteプランでOK

海外旅行ともなると荷物が多くなるのは当たり前です。

しかし荷物を少なくすることで移動が楽になり身軽に動けることがメリット。

ついでに不要なものを購入することもなくなりました。笑

もしドバイからアゼルバイジャンへ行く機会があればこちらの記事を参考にしてみてください♪

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次