レンタルバイクで利尻島一周!モデルコースやエリア別おすすめスポット紹介

レンタルバイクで利尻島一周

※この記事には広告が含まれている場合があります。

北海道の最北に位置している利尻島は自然豊かで美しい景色が多く魅力的な離島観光の1つ。

利尻島を満喫するなら原付をレンタルして観光するのがおすすめ!

大自然である利尻島で原付をレンタルして、気持ちいい風に当たりながら1周すると爽快感がすごいんです!

実際に利尻住んでいた私は、車やレンタルバイクで1周を何度もしてきました。

その体験をもとにレンタルバイクで周るモデルコースを紹介!

各コースでの見どころや注意点・おすすめスポットなども紹介していきますね♪

この記事でわかること

  • 鴛泊港でバイクをレンタルできる場所
  • 利尻島内1周 モデルコースを紹介
  • 【鴛泊エリア】を巡るモデルコース
  • 【沓形エリア】を巡るモデルコース
  • 【仙法師エリア】を巡るモデルコース
  • 【鬼脇エリア】を巡るモデルコース
  • 利尻島1周する時の注意点
Lily

車でも周れることはできますが、綺麗な空気を感じながら走るのであれば断然レンタルバイクがおすすめ。潮風の匂いや太陽の暖かさを浴びたりして利尻島の自然を堪能してくださいね♪

目次

鴛泊港でバイクをレンタルできる場所

フェリー乗り場である鴛泊港の前にある『雪国レンタル』という施設で、原付バイクを借りられることが出来ます。

自転車も借りれることが出来るので、体力に自信がある方は自転車にも挑戦してみてください♪

『雪国レンタル』営業時間は朝8時〜夕方5時

原付の場合(50cc)

1時間1,000円

1日フリー3,000円

自転車の場合(マウンテンバイク・ママチャリ・子供用22インチ)

1時間400円

1日フリー1,500円

1時間で借りるより圧倒的にフリーレンタルがお得なので、1日バイクを借りて利尻島を満喫しましょう♪

利尻島モデルコース紹介

利尻島モデルコース紹介
photo by Lily

利尻島の周囲は約60kmになっており、車で周ると約1時間〜1時間半くらいで周れる距離。

今回は『鴛泊→鬼脇→仙法師→沓形→鴛泊』と、いう順番で周っていきます。

もちろん反対側でも大丈夫なように、各エリア別での観光スポットをご紹介。

車旅も楽しいですが、利尻島ではバイクを借りて大自然を走りながら絶景を堪能するのもおすすめですよ。

※鬼脇方面に向かっていく場合は鬼脇の町まではコンビニがないので、漁港前の漁業くみあいストアで水を買っておく必要があります。

原付バイクを乗る際にあった方がいいもの

  • 長袖(パーカー・トレーナー)
  • ゴーグルorメガネ(あると便利)
  • レインコート(あれば便利)

利尻島は同じ日本でも、他の都道府県より気温は低めです。

海の周りをバイクで走ると、結構寒く感じるので長時間原付バイクを乗る際は長袖パーカー着用をおすすめ。

そしてバイクの運転中は、虫が目に入ってきたりするのでメガネやゴーグルがあると防げることが出来ます。

実際に、運転していると何回か虫が目に入ったりして辛かったです。笑

あと、利尻島は気候が変わりやすい場所。

いきなり雨が降ってきたり、エリアによっては天気が真逆の時があるので雨が心配な方はレインコートを持っていくなど対策をしてください。

Lily

では、バイクの準備が出来たら出発です♪

利尻島のおすすめ観光スポットやおすすめレストランもこの記事でまとめています。

鴛泊(オシドマリ)を巡るモデルコース(所要時間:約8時ー9時30分)

鴛泊を巡るモデルコース(所要時間:約8時ー9時30分)
photo by Lily

鴛泊港を出発したら、鬼脇方面に向かって海岸線を走りながら絶景を堪能します。

鴛泊エリアおすすめモデルコース

  • 姫沼展望台所要時間5分】
    • 姫沼に行く途中にある展望台。巨大な岩山ペシ岬を眺めることができる。
  • 姫沼所要時間30分】
    • 標高130mにあり、周囲800m×深さ2mの大きさである『姫沼』
  • 野塚展望台所要時間約10分】
    • ホテル雲丹御殿の隣にあり、そこから海や利尻山を眺めながら休憩できる。

緑全体に囲まれた姫沼では、鳥の鳴き声で癒されたり時期によっては利尻島でしかみられない花々などが咲いています。

沼の周りを1周できるようになっているので、綺麗な空気の中で散策などして姫沼を楽しんでください。

姫沼を楽しんだ後は、ホテル雲丹御殿の隣にある野塚展望台。

野塚展望台から見える利尻山も海もとっても綺麗です。

野塚展望台から次の鬼脇エリアの利尻島郷土資料館までは約30分くらいかかります。

Lily

野塚展望台には公共トイレが用意されています。鬼脇エリアまではトイレがないので、野塚展望台で済ませておくとよいでしょう。

鬼脇(オニワキ)を巡るモデルコース(所要時間:約10時ー11時30分)

鬼脇を巡るモデルコース(所要時間:約10時ー11時30分)
photo by Lily

鴛泊から海岸線に沿って走り続けると鬼脇エリアに着きます。

鬼脇エリアおすすめモデルコース

  • 利尻島郷土資料館所要時間約30分】
    • 利尻の自然をテーマにしたジオラマやニシン漁を再現したものなど展示。大人から子供まで楽しめる|大人200円
  • 寺島菓子店所要時間約15分】
    • 地元の人も通うローカル店。手作りの利尻プリンが有名で食べたビンを返却すると何円か返してくれる。
  • オタトマリ沼所要時間約30分】
    • 利尻島最大の沼湖であり、周囲約1km。特産品やお土産購入可、万年雪や熊笹ソフトを食べられる。
  • 沼浦展望台(白い恋人の丘)所要時間約10分】
    • 北海道のお土産で有名な白い恋人の丘のパッケージとなった利尻山の姿が沼浦展望台から望める。

鬼脇エリアにはいくつかの観光スポットがあるので、全て寄るのも行きたい場所だけ寄るのもどちらでもOK。

寺島菓子店の洋菓子は本当に美味しいのでぜひ食べてほしいです!

オタトマリ沼では、利尻山とオタトマリ沼を眺めながら食べる熊笹ソフトも最高です。

お店ではホタテカレーや海鮮焼きなども食べられるので、小腹が空いたらオタトマリ沼で食べるのもありかも♪

ランチのお店は沓形に集中しているので軽めに食べることをおすすめします。

ちなみに、鬼脇にセコマがあるので他に必要なものがあればそこで購入できますよ。

Lily

鬼脇エリアを楽しんだら仙法師エリアに向かいます。
白い恋人の丘から仙法師御崎公園は原付バイクで約20分でつきますよ。

仙法師(せんほうし)を巡るモデルコース(所要時間:約11時50分ー12時30分)

仙法師を巡るモデルコース(所要時間:約11時50分ー12時30分)
photo by Lily

鬼脇エリアを堪能したら仙法師エリアまで走り出します。

運転する時間が少し長くなるので、体が冷えてしまう前に長袖などを着ておくのがおすすめ。

私はよく鬼脇ー仙法師の間で寒く感じることが多かったです。

仙法師エリアおすすめモデルコース

  • 仙法師御崎公園所要時間約15分】
    • 利尻山噴火後に流れてこんできた奇石や奇岩があり海の透明度も高い。運が良ければアザラシに出会える可能性もある。
  • 御崎物産所要時間約15分】
    • 御崎公園の横にあり、手作り昆布や変わった珍味も購入できる。アザラシの餌も購入できます
  • 麗峰湧水所要時間約5分】
    • 利尻山に降った雪や雨が、長い年月をかけてろ過したミネラルたっぷりのお水。旅の疲れに飲むのもあり。

仙法師御崎公園でみる景色は、北海道とは思えないくらいに綺麗な海があります。

ウニが綺麗に見えるし、奇岩の周りを歩けることができるのでぜひ透き通った海を見て癒されてください。

かなり運が良ければ、アザラシに出会うこともできますよ♪

途中で湧水も組めるので、ぜひ利尻山で作られた湧水を味わってみてください。

仙法師エリアを楽しんだら、約30分くらいかけて沓形に向かいます。

Lily

仙法師にはレストランが1件しかないので、チョイスがある沓形で食べるのがおすすめ。途中の鬼脇エリアで小腹を満たしておくとちょうどいいですよ。

沓形(クツガタ)を巡るモデルコース(所要時間:約13時ー16時)

沓形を巡るモデルコース(所要時間:約13時ー16時)
photo by Lily

沓形に着いたら少し遅めのランチをとりましょう。

沓形エリアは若者が集まるエリアにもなっていて、可愛いお店やゲストハウスなどもありますよ。

以下に、おすすめのランチレストランをまとめておきます。

沓形エリアおすすめランチ

  • 食堂勿忘草(ガッツリ食べたい人向け)
    • 地元民からも人気がある食堂。ラーメンや丼もの、定食などが揃っています。
  • ラーメン味楽(人気ラーメン店が好きな人向け)
    • 利尻昆布だしを使ったラーメンが人気で観光客に人気。あっさり系のラーメン。
  • 利尻島の駅(お洒落な雰囲気でランチをしたい人向け)
    • 利尻島内で1番古い建物であり、おしゃれな石焼ご飯などのランチメニューが揃っている。女子におすすめ!

ランチを食べ終わったら観光再開!したいですが、長時間運転してきた疲れと利尻の風で冷えた体を天然温泉で温めましょう。

沓形エリアおすすめモデルコース(観光編)

  • 利尻ふれあい温泉ホテル利尻所要時間約1時間
    • 肌がすべすべになる国内トップクラスの炭酸水素。『美肌の湯』と言われていて島人や観光客からも人気。
  • CHICO GARAGE所要時間約15分】
    • 沓形フェリーターミナル前にあるお洒落な店。オリジナルの雑貨等販売。海の匂いを感じながらコーヒー1杯は最高。
  • 北利ん道所要時間約15分】
    • ご当地アイス『愛す利尻山』が人気。利尻昆布だし塩ソフトなど、ここでしか食べられない一品がある。

ランチを食べ終わったら、沓形にあるふれあい温泉に行って運転で疲れた体を癒します。

利尻の風で冷えてしまった体を温めた後、CHICO GARAGEでコーヒーを飲んだり北利ん道でアイスを食べてゆっくり過ごします。

沓形エリアには、商店や昔ながらの喫茶店などあるので沓形エリアを散策するのも楽しいですよ♪

鴛泊エリアに戻る途中に利尻島限定乳酸飲料『ミルピス』もあるので、興味ある方はぜひよってみてください。

再度鴛泊エリアへ

再度鴛泊エリアへ
photo by Lily

沓形エリアから鴛泊エリアまでは約30分で到着するので、景色を見たりなど寄り道をしながら帰ると約17時ごろになります。

原付バイクを雪国レンタルに返したら利尻島1周達成!!

Lily

体力があれば、港から見えるペシ岬を登ってみてはいかがですか?ペシ岬から眺める景色も綺麗ですよ♪

利尻島1周する時の注意点

注意点
photo by Lily

利尻島の道路は狭いところがあったり交通量が少ないため、運転には十分注意してください。

他にも天候が急に変わることがあるため防寒着や雨具などの準備をしておいた方が安心です。

ちなみにバイクをレンタルする場合は免許証の提示が必要なので忘れずに!

交通ルールを守って事故が起きないように気をつけて運転しましょう。

まとめ

この記事では、原付バイクで1周するためのモデルコースやオススメ観光スポットなどを紹介してきました。

ゆっくり周れないのでは?と思いうかもしれませんが、何も全ての観光スポットを周る必要はありません。

おすすめスポットの中で気になるところだけをピックアップしてもOKです。

利尻山の周りを原付バイクで走るのは、とっても気持ちいいですよ♪

Lily

利尻島を訪れる際には本記事を参考にして、素晴らしい観光を楽しんでください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次